パワハラによる慰謝料

ボールペンパワハラは最近話題になることが増えています。実際にパワハラの被害を受けてしまい悩んでいる方も多いでしょう。そんなパワハラを受けた被害に対して慰謝料を請求したいと考えている方がいるかもしれません。

パワハラでも当然慰謝料を請求することは可能です。過去の事例から考えると50万円から100万円程度が相場となっています。ただし、それぞれの状況によってはもっと高額になる可能性もあります。たとえば、パワハラ被害者を退職させたり、自殺に追い込んだとなればもっと高額になるでしょう。

実際にパワハラで慰謝料を請求したいならば、きちんと証拠を残しておくことが大切です。これは他の慰謝料請求にも共通することですが、ちゃんとした証拠がなければ慰謝料を請求することはできません。証拠となるものとしては、労働時間の記録やメールの画面、写真や音声データといったものがあります。これらの記録をきちんと残しておくことによって、パワハラがあったという事実を主張することができるのです。被害の記録をノートにとっておくことも有効です。この場合はボールペンで書くことをおすすめします。いつどこで誰が何をされてどうなったのかということを記録しておきましょう。そうすれば慰謝料を請求できる可能性が高くなります。

*参照記事*
交通事故の慰謝料
不倫の慰謝料

交通事故の慰謝料

交通事故交通事故の被害にあってしまったならば、相手に対して慰謝料を請求することができます。この場合の慰謝料の基準は3つありまず。まずは自賠責基準です。これは自賠責保険によって定められているものです。車の運転者は自賠責保険に加入することが義務付けられています。こちらの基準は最低限のものとなっています。

次に任意保険基準というものがあります。車の運転手が独自に保険に加入している場合、保険会社の定める基準があるのです。こちらは自賠責保険の基準よりも高く設定されているのですが、それぞれの保険会社ごとに金額は異なっているため注意しましょう。

最後に弁護士基準というものがあります。こちらは過去の裁判所の判例をもとにして算出されたものです。こちらは他の基準よりもかなり高く設定されていることが多いです。弁護士に依頼すれば、基本的に弁護士基準の慰謝料を請求できるでしょう。

交通事故の慰謝料には入通院慰謝料と後遺障害慰謝料、そして死亡慰謝料というものがあります。慰謝料というのは交通事故の賠償金の一部であり、その他にも交通費や治療費、逸失利益といったものを受け取ることができます。特に重要なことはきちんと病院を通院することです。そうすることで慰謝料を増額できるでしょう。

*参照記事*
パワハラによる慰謝料
不倫の慰謝料

不倫の慰謝料

もし不倫や浮気をされてしまったならば慰謝料を請求することができます。そもそも、日本では結婚をしたならば不貞行為をすることは許されないのです。不貞行為というのは配偶者がいながら別の異性と性行為をすることです。このような行為が発生したならば、慰謝料を請求することができるのです。

男性それでは不倫の慰謝料の相場はどのくらいなのでしょうか。これは50万円から300万円程度となっています。それぞれのケースによって具体的な金額には違いがあります。慰謝料を請求する相手としては夫や妻といった配偶者だけではなくて、浮気相手にも慰謝料を請求できることがあります。

もしそのまま夫婦関係を継続する場合ならば、慰謝料は50万円から100万円程度となることが多いでしょう。浮気によって別居することになったならば、100万円から200万円になることもあります。最終的に離婚した場合には200万円から300万円になることもあります。金額にはかなりの幅があるのです。損害が大きいほど慰謝料も高くなる傾向があるのです。(参考サイト:慰謝料請求相談 / 弁護士法人アディーレ

芸能人の慰謝料が高額になるのには理由があり、これは財産分与を含んでいるためです。慰謝料は過去のケースを踏まえた上で決定されることが多いです。芸能人の場合はあくまでも特殊ケースです。

*参照記事*
パワハラによる慰謝料
交通事故の慰謝料

慰謝料請求について

男性よくドラマやニュースなどで慰謝料という言葉を耳にする機会が多いです。実際に家族や友達が慰謝料を請求したという話を聞いたことのある方もいるかもしれません。それでは慰謝料とはそもそも一体何なのでしょうか。これは精神的損害に対して支払われる損害賠償金のことです。精神的損害というのは肉体的苦痛や悲嘆、恥辱といったものから受ける精神的なダメージのことです。そして、このような精神的な苦痛を受けた方というのは慰謝料を請求する権利が与えられているのです。たとえば、離婚による慰謝料請求はよく聞く話でしょう。

慰謝料というのは民法によって定義されています。その第709条と第710条によって定義されているのです。故意、あるいは過失によって他人の権利や法律上保護されるべき利益を損害した場合には、それを賠償する責任を負うとされています。ただし、民法の中には慰謝料についての計算方法や定義については書かれていません。これは慰謝料の金額は双方の話し合いによって決められるとされているからです。それぞれの立場や状況によって精神的な苦痛が変わるからです。

慰謝料を請求する場合は弁護士に依頼をすることが多いでしょう。もちろん、当事者が同意を得たならば、弁護士を介さなくても慰謝料を決定して支払うことができるのですが、それではトラブルが起きることが多いのです。こちらでは慰謝料はどのようなものであり、どんなケースで発生するのかを紹介しましょう。慰謝料についての理解を深めましょう。

*参照記事*
パワハラによる慰謝料
交通事故の慰謝料
不倫の慰謝料