慰謝料請求について

男性よくドラマやニュースなどで慰謝料という言葉を耳にする機会が多いです。実際に家族や友達が慰謝料を請求したという話を聞いたことのある方もいるかもしれません。それでは慰謝料とはそもそも一体何なのでしょうか。これは精神的損害に対して支払われる損害賠償金のことです。精神的損害というのは肉体的苦痛や悲嘆、恥辱といったものから受ける精神的なダメージのことです。そして、このような精神的な苦痛を受けた方というのは慰謝料を請求する権利が与えられているのです。たとえば、離婚による慰謝料請求はよく聞く話でしょう。

慰謝料というのは民法によって定義されています。その第709条と第710条によって定義されているのです。故意、あるいは過失によって他人の権利や法律上保護されるべき利益を損害した場合には、それを賠償する責任を負うとされています。ただし、民法の中には慰謝料についての計算方法や定義については書かれていません。これは慰謝料の金額は双方の話し合いによって決められるとされているからです。それぞれの立場や状況によって精神的な苦痛が変わるからです。

慰謝料を請求する場合は弁護士に依頼をすることが多いでしょう。もちろん、当事者が同意を得たならば、弁護士を介さなくても慰謝料を決定して支払うことができるのですが、それではトラブルが起きることが多いのです。こちらでは慰謝料はどのようなものであり、どんなケースで発生するのかを紹介しましょう。慰謝料についての理解を深めましょう。

*参照記事*
パワハラによる慰謝料
交通事故の慰謝料
不倫の慰謝料