交通事故の慰謝料

交通事故交通事故の被害にあってしまったならば、相手に対して慰謝料を請求することができます。この場合の慰謝料の基準は3つありまず。まずは自賠責基準です。これは自賠責保険によって定められているものです。車の運転者は自賠責保険に加入することが義務付けられています。こちらの基準は最低限のものとなっています。

次に任意保険基準というものがあります。車の運転手が独自に保険に加入している場合、保険会社の定める基準があるのです。こちらは自賠責保険の基準よりも高く設定されているのですが、それぞれの保険会社ごとに金額は異なっているため注意しましょう。

最後に弁護士基準というものがあります。こちらは過去の裁判所の判例をもとにして算出されたものです。こちらは他の基準よりもかなり高く設定されていることが多いです。弁護士に依頼すれば、基本的に弁護士基準の慰謝料を請求できるでしょう。

交通事故の慰謝料には入通院慰謝料と後遺障害慰謝料、そして死亡慰謝料というものがあります。慰謝料というのは交通事故の賠償金の一部であり、その他にも交通費や治療費、逸失利益といったものを受け取ることができます。特に重要なことはきちんと病院を通院することです。そうすることで慰謝料を増額できるでしょう。

*参照記事*
パワハラによる慰謝料
不倫の慰謝料